特色ある教材

公園

遊びと主体的活動を尊重した教材 ピアジェ教材 『めざましあそび』

発達心理学の研究成果から生まれた教材

子どもの世界をはじめて科学的方法でとらえ、乳幼児期から青年期に至までの[発達段階]とその特性を明らかにした J・ピアジェ博士。『めざましあそび』は、新幼稚園教育要領の理論的裏付けとなった、このピアジェ博士の認知発達理論にもとづいて編集されています。『めざましあそび』は、ピアジェ博士が膨大な臨床的研究の中から見いだした思考の発達段階に基づき、子ども達が興味をもって身の回りの事から人々に積極的に関わっていくことにより、頭脳と身体とがめざめていく活動です。子どもはこの活動に取り組む事を通して、知性と感性を統一したしかたで発達させていくことができます。

Image

活動の場であり、経験の場となる教材

子どもにとって<あそび>は、自分自身を発達させていく主体的活動であり、次の段階へと進むために欠かせない自発的学習です。『めざましあそび』は、子どもがいま持っている力を思いきり発揮できる<活動の場>であり、子どもの世界を大きく広げる<経験の場>となることを目的として、何より<あそび>を重視して編集されています。めざましあそびの中で子ども達は、まだ自分の知らない世界に出会って目を輝かせ、力いっぱいあそびながら自らを創り出し、一人ひとりの個性に応じて大きく伸びていきます。

Image
Image

みんなで英語に親しもう!
“サイバードリーム”を使用した英語あそびの時間

☆岩槻若葉幼稚園では、幼少組(3年保育)から、クラス担任の先生と一緒にサイバードリームを使用して、毎日英語に触れあう時間があります。年長組からは、各クラスでの英語あそびと並行して毎月一回、外国人の先生による英会話あそびがはじまります。